無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
糞眠いがな
二時にバイト終了

そのままハイヤー宅送・・・
3時に帰宅、暫くして友人お泊まり・・・

とんだ生活をしているウノウノです。
とりあえず疲れてます。
寝ません、寝たら来週が試合終了ですよ、安西先生。

今週が調査本番でドキドキします。
東京は今回7割の回答を得られれば凄く嬉しいです。
なので僕自身9割の回答を目指して頑張ります。
完全回答を目指せよって?ムリだから(笑)

過去を遡っても完全回答は1人か2人という偉業なのです。
僕だったまだ最高7割回答しか得たことがないんです。
結構シビアなバイトなんですよ。それだから頑張る気にはなるのですが。

で、今日も銀座辺りでメシを食べてきました。
毎回何気に豪勢で、お財布に痛恨の一撃ばかりです。
一番下の仲間には奢る文化が根付いているので、追い討ちが激しいです。
ま、僕も奢ってもらっていたので文句は言えないし、
当然の恩返しなので、不服はないんですけどね。ただ痛いんですね。

そこで会話の話題になったのは、
「高いプレゼントを要求する女ってどーなのよ?」
って話題です。

話題の発端は同僚の某二年生且つ僕より年上の人が、
バイトに来る前に、Diorで6万するお財布を買って来たことです。

僕は完全に否定派でした。
「彼女が欲しいと言っていたんで・・・」
というコメントを彼女がくれたみたいなんですけど、
そんな高いモノを要求する女性って僕は嫌だなぁって思いました。

別に高いモノをプレゼントするのは悪いことではないのですが、
それくらいの水準のプレゼントじゃなきゃ満足しない関係って、
僕は至極嫌いです。
それは自分が昔そうだったから、昔の自分が嫌いだからです。

だって、恋愛感情ってお金で量るものではないでしょう?
お互いの人間性に依存し合いながら関係を続けていくのが、
僕の中の恋愛観なので、モノに依存する恋愛観なんて糞くらえです。

しかし。。。実際はどうなんでしょうか?
世の女性はやっぱりブランド品、高いモノを買ってくれる男の方が、
男性に魅力を感じるのでしょうか?

そうだとしたら女性という存在は僕の中じゃ完全悪です。
そして僕は永遠に女性と一緒になることはないのだと思います。
ちなみにその場にいた後輩の女性は肯定的な意見をしていました。
やっぱり、それが傾向としてあるのでしょうか・・・?

でも、それを強請られるから買ってあげるような人間にはなりたくない!
そんな女性とは一緒にいられないですね。

しかし、、、僕もいつか誰かと一緒になって高いモノをプレゼントするかもしれません。
そんな日を想定して、どんな手順を踏んでプレゼントするかを考えてみました。
,匹辰へデートして、高級な店を見てみたりする。
△修療垢涼罎如高いわぁ、買えないだろと話す。見るだけ見る。
だけど、その中でその人の志向を見出す。
い修鵑巴太呼やらクリスマスやらにサプライズ的にプレゼント。
シ茲畭羯譴蓮屮察璽襪念造ったから」(高いモノだと知ると気負いしちゃうので)

そんな感じでプレゼントしますね。まぁ彼と変わりはないかもしれないけど、、、
あまり気負わせないようにしてプレゼントしたいですね。
「私も同じくらいのものをプレゼントしなきゃ」って思わせると、
高水準プレゼントの悪連鎖に陥るので御免です。

値段が高いモノ=愛情の大きさという等式は絶対否定だ!
結局互いに高水準になったら、別に安価なモノと変わらないのでは?
100:100の関係と1:1の関係みたいなものでは?

ま、実際僕が欲しいと思う高級品は20万とかアホな値段なので、
誰も買ってはくれないと思うから心配なんてしません。
それに高いモノは自分で買った方が、その価値を真に理解できると思ってます。

て、ことでそろそろ時計を注文するか!ビバ自動巻き!
鍋作りたいです、話題のネコ鍋を作りたい・です・・
癒されます、ネコって何であんなに可愛いんでしょうね?
| ウノウノ | 修羅道 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://situren.jugem.jp/trackback/26